皆さま…先日の記事で、山菜に興味を持っていただけましたでしょうか・・・
印象深いわらび採りの出来事については、こちらを→『

収穫した日の夕方、採ったわらびを漬けるために漬物樽を買いました。
DSCF0999
塩もおすすめされた25kg…
半年前の自分には想像できなかった買い物。
大石田ライフ、満喫してます!

さて、採ったはいいけどその後処理、気になりますよね。
「難しそう」「めんどくさそう」との声も多い中、実際にやってみました!

量も8kgとたっぷりありますから!
単純作業好きにはこの上なく楽しめました。

では、さっそく…

■下準備
黒くなるから軍手をして…
収穫後、少し硬くなってしまった茎(根本の方)を折ります。
ちょっと惜しい気持ちもありますが、ポキッと音がするところまで折ってくださいね。

今度は先っぽの方。胞子を取っていきます。
優しく、ぶちぶちと。
DSCF1006

DSCF1011

DSCF1012

そうしましたら、ここで水洗い。
DSCF1013
これで、基本的な準備は完了です。簡単!!(・∀・)つ

■すぐ食べる分
新鮮なうちに食べたいなら、アク抜きをしましょう!
今回は、灰を使いました。(薪ストーブのあるお宅から分けてもらいましょう!)

灰が手に入らない!という方は、重曹でも同じ方法でアク抜きできますよ!

わらびをお鍋やたらい等大きな容器に入れて灰をかけます。
DSCF1021

DSCF1020
この上から熱湯を注いで、そのまま一晩おくと……

水、真っ黒!!!
DSCF1023
しっかりアクが抜けました!
これで、軽く洗ったら、おいしくいただけます!!
非常に簡単!!(・∀・)つ

エトペソラは、上にかつおぶし&おしょうゆでそのままいただきました!
麺つゆに漬けてもおいしくいただけるそうですよ!


■後から食べる分(保存方法)
食べきれない量は、塩漬けにすると保存がききます。

漬物樽に、塩をドバドバ。
わらびを入れて、とにかく塩をドバドバ。

DSCF1014

DSCF1016
塩は本当にたっぷりと!
教えていただいた方いわく、
「わらびなのか塩なのかわからない位」、一体化する位、塩を使うのがポイントだそう。

おもりをして、塩漬け完了!
DSCF1018

漬けあがりをいただくときは塩抜きしてくださいね。
そのままおしょうゆをかけても、味付けしてもおいしく食べられますよ!

■アク抜きも漬物も時間がない!という方は…
わらび園で出会ったお母さんに教えていただいたレシピ。
「わらびのフリット(天ぷら)」。

天ぷら粉をビールで溶いて、洗っただけの若いわらびを揚げます。
「つまみに最高なのよ~」との言葉、嘘ではなかったです!!
ビール片手にパクパク食べて、写真撮り忘れました…(;´Д`)

採ったその日にしかできないこのレシピも贅沢ですね♪


塩漬けとなると、さすが環境によってできない方もいるかと思いますが、
程度な量をアク抜きするのは、思ったよりも簡単です。

雪国のわらびって、味が濃くってとろみがあって、
人にあげても喜ばれるんですよ!
旬の時期は、取扱のある直売所もありますから、ぜひ試してみてくださいね!


☆次年子の観光わらび園、今年は7月2日まで!☆
水曜日と日曜日に体験できるので、機会を逃さず行ってみてくださいね♪

北村山郡大石田町次年子1749
予約受付 0237-35-4150 月~金 9:00~16:00
入山料金 1名 2400円
http://yamagatakanko.com/spotdetail/?data_id=5343

更新内容、LINEでお届け☆  

Instagram ▶ oishida_et_pesora http://www.instagram.com/oishida_et_pesora
Facebook ▶ 大石田町 エトペソラ http://www.facebook.com/oishidaetpesora/