協力隊としてではなく個人的な活動でしたが、ご紹介させてください(*^_^*)


原宿のカフェで、大石田産のスイカのシャーベットを提供してきました!

39558066_881840548870134_6019071270031720448_n


これは、友人数人と「小さなバザールを開催しよう!」と企画したもの。
友達が働くカフェを間借りして、「はらはなバザール」と題して、
自分たちの得意なもの、PRしたいものを提供する試みです。
(原宿の“はら”と、会場となったカフェ・ハナダロッソの“はな”を掛け併せたイベントタイトル)

2018-08-26-11-22-20

2018-08-26-11-22-09
玄米菜食カフェ「ハナダロッソ」。原宿駅から徒歩5分の場所にあります。


私は、大石田町のことと、自分が感動したスイカの美味しさを知ってもらおうと思い、スイカのシャーベットを作りました。
2018-08-25-08-46-22
(開催中の写真が撮れず、試作段階の写真です)


紹介用にメニュー表も作成。
はなはら

友人たちは、自分で育てた無肥料無農薬の野菜を販売したり、
北海道の郷土料理いももちを出したり…。
こじんまりとではありますが、1日無事に開催することができました。



準備~当日の段取りや売上については反省点も多く、正直「大成功!」とは言えないですが、
チャレンジして良かったなと思うこともすごく多かったです。



その中の1つは、友人たちとたくさん話せたこと。


一緒に開催した友人は、「小さなお店をつくる」をテーマにした会で出会った人たち。

出店が目標ではなく、「お店づくり=仕事に対する考え方=自分がどう生きたいか」
を煮詰めていく会。

今でも会うと自然に、自分の今立ってる場所やこれからの方向性について考えさせてくれる
大切な人たちです。

協力隊の任期は最大3年間。ちょうど折り返し地点に来ている今、このタイミングで
彼らと会って、自分の今後の課題を見つめられたことはとても良い機会になりました。

山形-東京の距離を考えると少し尻込みする気持ちもあったのですが、
行動すると見えてくるものはたくさんあるんだなと感じ、機会を与えてくれた方々に
感謝しています。ありがとうございました!


ちなみに、大石田のスイカの評判ですが、とっても上々でした!
当日の運営上、お客様から直接反応を伺うことは難しかったのですが、
食べに来てくれた友人が口々に「衝撃の美味しさ!」「うまい!」と言ってくれ、
「そうでしょう、そうでしょう」と一人ほくそ笑んでました。

調子に乗って、打上げをしたビールバーでも店員さんや外国人客にスイカを振るまい
良い笑顔をいただいたことは内緒です。


是非チェックしてくださいね♪
Instagram: https://www.instagram.com/oishida_et_pesora/ 
Facebook: https://www.facebook.com/oishidaetpesora/