11月7日(木)、大石田駅前のKOE no KURA で、
(株)グランドレベル/喫茶ランドリーの田中元子さんのトークイベントを開催しました。

今回はそのイベントの模様を、備忘録を兼ねてレポートします!
少し長いですが、お付き合いください。


田中元子さんトークイベント
1階づくりはまちづくり ~マイパブリックとグランドレベル~

2019.11.7/19:00~21:30/KOE no KURA
FBバナー ppt用-01




講師:田中元子さん
田中さんが代表を務めるのは、「1階づくり」の専門会社・(株)グランドレベル

まちづくりへの関心が高まり、各地で様々な手法がとられていますが、
(株)グランドレベルが注目するのは、「まちの1階部分」です。
グランドレベル
出典:(株)グランドレベル

まちの賑わいや豊かさは〝1階に人が集う日常の風景″からこそ作られる、という考えを
「1階づくりはまちづくり」というモットーに込めて、
公共空間や店舗等、まちの1階部分の活用企画やデザイン、ディレクションに携わっています。


その考えを具現化した空間として、
2018年には、喫茶スペースと家事室を併設した「喫茶ランドリー」をオープンしました。
喫茶ランドリー
出典:喫茶ランドリー


今回のイベントでは、田中さんが(株)グランドレベルや喫茶ランドリーを設立するまでの経緯と、
そこにどんな考えがあったのかをお話いただきました。
DSC09055

お話の中で、個人的に印象に残ったことをご紹介します!




✖人口の多いまち  〇人の姿が見えるまち
田中さんは、まちの1階空間(グランドレベル)を、
「プライベートと公共の交差点」と表現します。

プライベート空間である家や建物の中に人が閉じこもっている街と、
グランドレベルに人がいて、日常が見える街。
どちらの方が、人がより幸せに過ごせるか。
IMG_20191115_210733

この考え方は、「魅力的なまち」に人口や規模はあまり関係ないと気づかせてくれました。





受動よりも能動の時代
いま、人は、与えられたものを消費することに飽きてきていて、
自分で何かを、モノを、場所を、体験を作り出す方に欲求がシフトしてきている。

だからこそ、人の能動性を発露させるきっかけをつくることが大切!

以前、田中さんがディレクションしたイベントの事例をもとに、そんなお話がありました。

IMG_20191115_210757

これは、KOE no KURAの運営に携わる身としても、とても参考になるお話でした。

すべてを用意するのではなく、「自分から動きたくなる」仕掛けやきっかけづくりができれば、
きっとそこからまた可能性が広がるはず、とメモメモ。



そして、



まちの誰しもが、まちをつくる重要人物である
講演後半で田中さんから発せられたこの言葉。

今回、私がこのイベントを企画したのは、
「個人の小さな取り組みでも、きっとまちを変えることができる」
「そのことを、参加者の皆さんと共有したい」
という想いからでしたが、その気持ちにフィットする言葉をいただいた気がしました。

IMG_20191115_210812

↑ちなみに、上のメモで一番下に書いてある、「自分だけでもやれる」については、
懇親会での田中さんの言葉。
仲間集めで悩む人も多いけれど、必ずしも「みんなでやらなくても良い」、
「自分ができるところからやることに意味がある」ということをお話いただきました。





イベントの様子
ここからは、イベントの様子を写真でご紹介。
DSC09075
DSC09080

身振り手振りを交えてお話してくださる田中さん。
「話に引き込まれ、田中さん自身もとても魅力的だった!」という感想が多く聞かれました。

講演終了後は、懇親会を行いました。
参加者の中には、まちづくりに携わったり、
何かしらの自分の活動を持っている方も多かったので、

DSC09110

田中さんとお話をしたり、

DSC09118

参加者同士の活動紹介や意見を交わす姿が見られたり…。

DSC09107
DSC09115

カウンターには大石田町・次年子のUmuiさんのお料理を。

和やかで賑やかな懇親会になりました。



会を終えて
協力隊としてまちづくりに携わってから、
直接お話を聞いてみたいと思っていた方の1人が、田中元子さんでした。

実は、お話を聞くのは2回目だったのですが、
新たな気づきや学びがあり、とても良い時間になりました。

そして、とても有難いことに、参加した方々からもたくさん反応をいただくことができて
本当に嬉しい時間になりました。



「行きたかったけど、予定が合わなかった!」という方は、ぜひ
著書『マイパブリックとグランドレベル ―今日からはじめるまちづくり』を読んでみてくださいね!

「自分ならどんなことをして、まちを楽しくできるかな」とワクワクするはず!

(ちなみに、大石田町図書館では、イベント参加者の方のリクエストで先日入荷してくれたそうです!)

DSC09119
あらためて、田中元子さんとご参加いただいた皆さまに感謝します。
ありがとうございました!