大石田町で10月21日に開催された『キッズタウン大石田』。
子ども達向けの職業体験イベントとして、8回目を数えます。
昨年に引き続き、KOE no KURAとして参加してきました。


☆昨年の模様、キッズタウン大石田の概要はコチラへ☆



2018年の出店内容はこんなこと!
大石田 子ども

今年は『名刺&名刺入れづくり』を行いました。

IMG_20181024_162305

表面は手書きで自分の名前を書けるようになっています。
そして、裏面には町の紹介を記載。


自己紹介をしながら、相手に自分が住んでいる町の
素敵なところを伝えられる仕組みになっています。

大石田 山形 いいところ

そばや花火、おひな様に方言…など、全10種類の
名刺フォーマットを用意しました。
隣町から来た子には、山形県バージョンを。


名刺入れは4種類の絵柄から、好きな柄の紙をチョイス。
自分たちで折って制作してもらいました。
DSC03522
名刺入れができたら、手書きの名刺を入れて完成です!
エトペソラ 名刺

完成した子は、お友達と交換したり、お父さんお母さんに渡してみてね!と
送り出しました。




嬉しい誤算  その①

昨年は、住んでいる地域の好きな季節・食べ物・場所、将来の夢を書いてもらい、
ブックにして「大石田のイイトコロ図鑑」を作りました。
素敵な図鑑ができましたが、少し書く量が多く、
低学年のみんなには難しいという声もあったので、

今回は、【名刺ケースの柄を選ぶ】→【名刺ケースを作る】→【名刺を5枚書く】
という簡単3ステップにしてみました。

簡単すぎて時間あまっちゃうかもな~…(*´ェ`*) 
なんて思っていたら…
大石田 子ども
名前を英語で書く子や、名刺をデコる子続出!!!


「黒一色・名前を書くだけ」で想定していた私たちに
柔軟性を見せてもらいました。

今の小学生って英語するんですね
お待たせしちゃった人、ごめんなさい!!





嬉しい誤算 その②

午後になると、午前中に来てくれた子たちがまた来てくれました。

「名刺だけ、また作らせてください!!」

20の企業や団体が出店するキッズタウンですので、全部体験しようとすると、
わりと駆け足での体験です。
そんな中、2回目に来る何人かの小学生。

事情を聞いたら午前中作った5枚の名刺は、名刺をもっていそうな会場内の
大人たちと名刺交換をして使ったそうです。
家に持ち帰る分や、今度会う県外の親戚の分、学校で友達と交換する分が
足りなくなってしまい追加で作りたい!と思ったそう。

「名刺交換」に「地域の紹介」を繋げる体験をすることが狙いでしたが、
家族や友達以外の人、更に大人世代と自分から名刺交換するという、
”本来”してほしいことを率先してしてくれたことは、良い誤算でした。




2回目のキッズタウンを振り返って

KOE no KURAは、「〇〇〇屋さん」という言い方がない場所です。
そんな中、『仕事体験』に当てはまるような内容がなにかいつも考えます。
KOE no KURAとして、地域おこし協力隊として、あえて「〇〇〇屋さん」と言うとすると
エトペソラの場合は、「地域のなにかしらを伝える屋さん」だと思っています。

「名刺交換」というビジネスマナーを通じ、そんな方向性を示しました。
子どもたちと関わることで毎回感じることは、大人が予想する以上に、
子どもたちは多様化しているし、モノゴトを考えていること。

ただ「楽しいイベント」ではなく、「意義のあるイベント」にしたいという
主催者さんの意思も併せて、次回の企画を考えるスパイスになりました。


小さな町だからこそ、親世代こそが沢山の仕事と関わる機会が少ないことは多少あります。
だからこそ、子どもの体験を通じ、引率の親御さん、出店する側まで知らないを知る機会になる
イベントだなと感じました。

たくさんご来場いただけて嬉しかったです!ありがとうございました!



最近、ブログを書けなくてスミマセンm(__)m
更新通知はLINEで受け取れますので、よろしかったら登録お願いします!!