全国的に寒波が押し寄せた22日。
22日23日と普段雪の降らない地域でも大雪となりました。
東京都心部でも23cmの雪が降ったのだとか…

混乱が伝えられるので、首都圏にいる友人に頼んで、街の模様の写真を撮ってもらいました。

雪景色になった街並み
IMG_6881

長蛇の列となった駅の階段
IMG_6882

普段はないマンションのエントランスの雪かき
IMG_6883

自宅前でこんなに大きな雪玉が出来ました。
IMG_6886

子供は喜びますねー!
IMG_6885

普段とは違う景色にワクワクする人もいますが、交通機関の乱れなどで、
大変な思いをした方も沢山いらっしゃったと思います。
その他、学校からは外出禁止令がでたり、会社も強制退勤となったり、
コインパーキングが使用停止になったりという声もありました。
ニュースでも転倒事故などの話題が報道されました。

雪国の人からすると「そんな1回の雪で混乱しちゃうの!?」となりがちなところですよね。
そうなんです。
都心は公共交通機関の便が良いのが素晴らしいところですが、
人や公共交通網、車の台数が多い分、少し日常のリズムから外れるだけで大きな混乱となるんです。


「生活に支障がでるレベルの降雪量」は、
雪の降る地域で、25cm
雪の降らない地域で、6㎝ とのこと。
今回の首都圏の降雪量は、実に基準の約4の量だったんですね。


そんなことを書いている24日の山形県大石田町。
積雪の観測地は腰丈パウダーになっており、
DSCF4780
DSCF4781
25日の発表値では、
積雪129cm。
降雪48cm…Σ(・ω・ノ)ノ
こちらも「生活に支障が出るレベル」の雪の降り方なのでした。

以前勤めていた会社の偉い人が、秋田の取引先に行ってきて、こんなことを言っていました。
「秋田は雪降っているのに、お店はきちんと時間通りに開いていてすごかった!!」と。
「それって、秋田の日常なのでは…」と思ったことは内緒ですが、
ある地域の「日常」が、ある地域では「非日常」であることを敢えて意識しないで考えると、
「日常」にも特別感や、ありがたみが出てくるのかなと思った場面でした。


Facebookイイね!応援お願いします<(_ _)>     
ブログの更新情報は、LINEで受け取ることができます。     

InstagramとFacebookもやっています!!  
Instagram: https://www.instagram.com/oishida_et_pesora/   
Facebook: https://www.facebook.com/oishidaetpesora/