大石田町に住んで、ずっとやらずにいたことのひとつ。
64231458_3358935024120394_9124888054505406464_n
じゅんさいを採りに行ってきましたよ!!

町の人からも「どうだった?」と聞かれることが多かったので、
レポートしますね!



じゅんさいって!?
スイレンのように葉を水面に浮かべる水草のひとつ。
食材となるのは、水中にある茎の先端の芽や若葉の部分で、
寒天質のジュレで覆われている独特な食感を楽しめるもの。

国内では、秋田県や北海道が大きな産地となっています。



村山市のじゅんさい沼は?
66448924_467982420694593_7571912486832570368_n
大石田駅前から車で10分、山形県村山市にある沼です。
じゅんさいは、きれいな水の元でしか育てずに、農薬にはめっぽう弱い植物です。
じゅんさい沼では、地元の葉山から流れる水のみが流入するようにしているので、
じゅんさいがイキイキと育つことができます。



体験摘み取りの親切手順
66647653_436198163640870_8043889178884177920_n
受付をすると、係のおねえさんが親切にじゅんさいの採り方を説明してくれます。

ライフジャケットなどの装備を身に着け、いざ出航です!!
66787337_388994805076384_4166330809281675264_n


あとは、終了時間は自由(16時までの間)で、摘み取り放題です。

64608920_768461330242409_4438471778381070336_n
エトペソラの他にも沢山の方が、じゅんさい採りを楽しんでいましたよ!!


10時から始めまして、結局16時前まで行いました。
楽しくなってしまいました(^^;
66715718_1113327842188531_6083473930973085696_n
成果は、ハケゴ(摘み取り用の籠)5分の1くらい。
750gほどの量でした。



思いの他大変な作業でした。
じゅんさい採りは、水にプカプカ浮きながら気持ちの良い風を感じながらできたり、
じゅんさいを探しながら収穫すること自体が面白い作業でした。

しかし、使用する乗り物は…
66829456_2345234892381554_4292018019267248128_n
箱なんですね!
普通のカヌーなどよりも推進力はだいぶ少な目です。

そして、体勢。
66457846_2303250703336399_674292848811573248_n
身体をちっちゃくしてます('◇')ゞ

そして、小さい!!
66445885_469839110502539_3769154906879950848_n
じゅんさいひとつって、こんな大きさ。

夕方まで摘み取った収穫量は750g。
何kgと収穫するのは、相当大変な作業ということがわかりました。

じゅんさいは、人が沼に入り、摘み取ることで、空気や光を入れ、
じゅんさいの生育環境の保全にもなるそうです。
しかし、摘取り手は、年々減少し高齢化が進んでいることも事実。

じゅんさい採りをお仕事にされている方への感謝をしながら、
体験を通して、地元の特産品に少しだけ触れることができました。
高級品の収穫を家の近所でできるのも、移住生活の醍醐味のひとつです。

もちろん収穫したじゅんさいは、自宅で美味しく頂きました!!
DSC06771

じゅんさいの摘み取り体験は、天候にもよりますが、6月と7月の期間限定!
濡れても良い恰好と、お帰りのお風呂道具をもって、行ってみてくださいね!!


山形県村山市のじゅんさいについては、下記URLから!
https://www.murayama-shun.com/kodawari/junsai.html