山形県大石田町の夏祭りは、例年8月15日16日に行われます。
「大石田まつり」は、15日の「維新祭」と16日の「最上川花火大会」の
2つのまつりからなります。


今年の維新祭のポスターは、浴衣を上品に纏い、山形県伝統の花笠踊りを踊る女性の画が採用されました。
2019維新祭ポスター’’1

この写真は、昨年開催した「北村山まつりジェニック2018」で最優秀賞に輝いた作品です。
数ヶ月前に、維新祭実行委員会の方から、ポスター案に挙がっている旨を聞きました。



「北村山まつりジェニック」とは?
大石田 村山 フォトコン
2018年夏に企画した、Instagramフォトコンテストです。

「地元の人が誇りにする祭の小さなイイトコロを、祭に参加した皆さんに教えてもらおう。」
そんな気持ちで企画したものです。
2017年から行ったフォトコンは、2018年は隣町村山市「むらやま徳内まつり」と一緒に行いました。

詳しくは、昨年のブログをご覧ください。


エントリー頂く写真から「わぁ!こんな素敵な場面あったんだ!!」と、
大石田初心者であるエトペソラは、いつも発見させられました。





ポスター採用を通して

「大石田町のその他イロイロ」をお伝えする「大石田町エトペソラ」。

維新祭は、様々なジャンルの出演者によってつくられるので、
「維新祭らしいイメージ」は、様々だと思います。

しかし、この採用された写真の女性、地元の高校生なんです。
山形の花笠踊りを踊りながら、普段とは違う上品さを感じる写真でした。
撮影したのは宮城県内に住む方。

県外(ソト)から、まつりに遊びにきていただき、フォトコンにエントリーしていただくことで、
維新祭の「その他イロイロ」を発見してくれた。
その写真が、偶然にも地元の方であり、それが地元に根付くおまつりのメインビジュアルになる。

「その他」から少しだけ主役になれた気がしました。


エトペソラにとって、3回目の大石田まつり。
今年は、フォトコンという形では関われませんでしたが、
楽しい時間にしていきたいと思います!!