大石田町エトペソラをいつも読んでいただける皆さんへ。

2017年に山形県大石田町に飛び込み、沢山の発見・出会いのある生活を送ってきました。
仕事面でも、これまで以上にチャレンジが詰まった日々が送れたことを、感謝しています。

本日は、「私たちの今後 」について。
地域おこし協力隊事業は1年契約、最大3年のお仕事です。
2020年3月31日に任期満了に伴い、新しい生活となります。




住まい。大石田町から引越す選択をとります。

今後、生活の場所を山形県山形市に移すことになりました。
関係人口1.001
山形市は、大石田町から南に40km。
大石田町から車で1時間、普通列車で60分、新幹線で40分の距離の場所です。





仕事。山形県内を中心に多くの出会いがありそうなこと。
(※具体的な会社名や団体名は、試用期間などの都合から明記を避けさせてください。)

香坂
ホットヨガや医療も絡む健康づくり事業を行う企業に所属します。
元々、美容や健康分野の業界出身であることもありますが、
県内や国内各地で、「趣味」や「健康」の理由から人の行動を促し、誰かの日常生活に豊かさを作ることができればと思います。
引き続き、地域課題解決に向き合うような内容もありそうです。


遠藤
山形県の移住事業に関わる組織に所属します。
これまで行ってきた業務の「移住」を山形県全域で行います。
これからは「山形県のイイトコロ」を広く伝え、地域で楽しく生活する仲間を増やしたいと思います。


任期後の道を決めることは、正直かなり悩みました。
結論としては、もう少し地域で仕事を作るための力と知識を身に付けたくて、
それぞれに選択した職場に所属する決定をしました。


そして、いつか自分たちで「人が集まる場づくり」をしたいと思いました。

これまで以上に、地域に既にある魅力的なコトを知りたいな。
これまで以上に、沢山の人に会い、これからに繋げたいな。
これまで以上に、仕事の価値を上げたいな。


そんな今後を視野においています。




大石田町に定住しない選択をしたことに対して

地域おこし協力隊は、所属地域に仕事を生み定住することを求められます。
大石田町での業務や出会いを通じて、地域に腰を据え業務する模索もしましたが、
なかなか現実的な考えにまで至りませんでした。

支援を頂いている立場だからこそ、様々な意見はあることは承知しています。

居住地の場所選びに関しては、仕事や人との繋がり、自分たちの今後の目標を考慮し決定しました。
大石田町が「雪が多い」とか「町の規模」などネガティブな理由ではないことは明言できますし、皆さんにも分かっていただけると嬉しいです。

地域おこし協力隊という制度があったおかげで、大石田町を知り・住み・働き・考えることができました。
「住んでわかった大石田町の良さや気付き」は、この大石田町エトペソラで沢山書いてきたので、これまでの記事をご覧いただければと思います。




今後の情報発信に関して

ご案内してきた通り、大石田町エトペソラはもうすぐ更新を休止します。

進路が決まってから、お世話になった方に報告をすると、
「エトペソラが休止したら、2人のこれからのことを何で知ればいいの?」
と、ありがたくも言ってくれる人たちがいました。

大石田町エトペソラは、仕事のひとつとして「大石田町と生活圏内のイイトコロ」を伝える道具でしたが、
これからはあくまでも個人として、皆さんへの報告や生活のこと、少しだけ仕事のことなどを、note(ブログみたいなもの)に残していきます。
(現状立ち上げただけの状態…少しずつ更新します。)

山形暮らし4年目以降も、変わらず地域を楽しみながら生活します。



香坂
スクリーンショット 2020-03-23 15.12.50
【↑↑画像クリックでページに移ります。】



遠藤
スクリーンショット 2020-03-23 15.13.35
【↑↑画像クリックでページに移ります。】

よろしければ、ご覧ください。



そして、最近開催できていませんが、テント交流会「KOOUT CAMP」もまた必ず開催します。
併せてご覧いただければと思います。
スクリーンショット 2020-03-23 15.16.31
【↑↑画像クリックでページに移ります。】

スクリーンショット 2020-03-23 15.17.03
【↑↑画像クリックでページに移ります。】





エトペソラは、あと1記事で休止します。
もう少しだけ、お付き合いください。